七夕ぼや(4パックセット)

  • 4,000円(税込)
購入数


※別途、送料がかかります。

「七夕ぼや」とは?

旬の味そのまま!臭みのない、ぷりぷり肉厚の食感をお楽しみください

7月に旬を迎えたほやは、肉厚でぷりぷり。本品はその時期に収穫した宮城県・南三陸産のものを使用しています。 ほやの養殖棚が、宮城の夏の風物詩「仙台七夕」の飾りに似ていることと、収穫時期がちょうど七夕と重なることから「七夕ぼや」と呼んでいます。 水揚げされたその日のうちに、臭みの原因となる内臓を取り除き、急速冷凍することで、臭みのない旬の味をそのまま閉じ込めました。
ほやの養殖棚(左)と、仙台七夕

新発売!お試し価格

4パックセットを、お試し価格で販売!

この度、新発売により、お試しで4パックセットにして、特別価格で販売いたします。
※1パック(300g)になります。

おすすめの食べ方

ほやの食べ方は「ほや酢」だけではありません!
七夕ぼやをさらにおいしく、お楽しみいただけるレシピをご紹介します。ぜひご賞味ください!

商品名 七夕ぼや
原材料 ほや(宮城県産)
内容量 300g x 4パック
賞味期限 製造日から1年
保存方法 要冷凍(-5°C以下で保存してください)
解凍後は、要冷蔵5°C以下で保管し、お早めにお召し上がりください。
一度解凍したものの再冷凍は避けてください。
発送タイプ 冷凍便
送料 別途、送料がかかります (送料についてはこちら)

三陸は、ほやの一大産地

宮城県をはじめとする三陸沿岸は、世界三大漁場と呼ばれ、豊かなプランクトンやリアスの海がはぐくむ、ほやの一大産地です。
毎年3月頃から水揚げが始まり、旬は6月〜8月です。

クセになる、ほや独特の風味と味わい

ほやは、宮城県では一般的ですが、その独特な見た目と味わいで、好き嫌いが大きく分かれる食材でもあります。
が、いっぺんハマッてしまうと、もうほやなしではいられなくなるほど。
最近では冷凍技術も発達し、臭みのない、新鮮なほやを味わえるようになりました。
ぜひ、味わってみてください。